節税対策の基本情報!|【大切な保険のことなら】その道の専門家にお任せあれ!

FP.net

会社の保険も経費も、全て節税対策をしておくことが大事!

節税対策の基本情報!

スーツの人

節税とは何?

光熱費、食費など生活する上で欠かせないのが節約です。しかし、節約はそういったもの以外にも税金でも行うことが可能です。節税は名前の通り、税金を税法の範囲内で節約することです。もし節税目的で税法の範囲外で節約しようと考えているなら、コレが脱税と言われる違法行為になります。きちんとした税法を理解して、誤った節税「脱税」だけはしないで下さい。

節税対策の方法

会社での節税の方法は自宅の節約と一緒で、食費や光熱費を経費や出張費などで当てはめると理解しやすいでしょう。例えば、通勤費や社長の自宅の家賃など支出しているのに経費として計上されていない支出を探します。それ以外にも、様々なことで節税することができるため、早めに対策しておくと後々楽になります。もし、節税方法がわからないなら、専門のサポート会社に依頼して、節税やアドバイス受けて下さい。コンサルタントが勧める保険に加入することで、節税することだって可能ですよ。保険のプランも複数あるので、良いアドバイスがもらえるでしょう。実際に保険を利用して、節税ができたという方もいます。

絶対やって引けないこと!

当たり前のことですが脱税はしてはいけませんよ。節税と脱税の違いは税法を守っているかどうかの違いになります。そのため、しっかりとした方法で節税しないと安心して経営することができません。もし、脱税をしている場合は税務署が自宅に来て、色々確認されて罰金を払わされることになります。節税目的が多く支払うことになる、意味のない脱税ですが、やってはいけないことを理解しておくことで、ちゃんとした節税を心がけましょう。そのやってはいけないことは多くありますが、ここではわかりやすい2つを説明しましょう。1つ目は売上を抜く、2つ目は人件費をわざと多くする方法です。1つ目は会社の通帳とは別の通帳を作り、売上の一部をその口座に振り込むことです。2つ目は架空の従業員を作り上げ、経費を多くする方法です。そういったことをしているとすぐに税務署が来て、支払うべきの税金の約1.5倍の金額を支払うはめになります。節税の方法にはこういった、経費や人件費、会社で加入している保険などで行えます。

税務調査は不正しているから来るのか?

税務署が調査に来るということは、何か違法なことをしているのかと思ってしまう経営者も少なくありません。しかし、不審だから来るのではなく、あくまでも調査をして申告が正しいかどうかを確認するのです。ですから、怖がる必要はありません。

良い節税コンサルタント選び!

no.1

ちゃんとコミュニケーションを取ってくれる!

節税対策をする上で、どうしても数字だけでやり取りするのではなく、どういったことをしたからこうなったのか、などの言葉でのやり取りをしっかりしてくれる所が一番安心できます。コミュニケーションを取ろうとしないコンサルタントは上辺だけの対策になり、根っこから節税対策をすることができない可能性があります。

no.2

相談しても早く返事が返ってくる!

節税では経費はどのくらいまでOKか、何か購入したいなどの相談をする場合もあります。そのため相談して、早い返答をしてくれるのは良いコンサルタントの証です。しかし、忙しくて返答が遅くなる場合もあるので催促することだけは止めましょう。

no.3

節税対策を事前に行う!

家庭の節約も、後々のことを考えてから電気や食費の節約をします。それと同じで節税も前もって行動することが必要です。なので、先に先に動くことが出来るコンサルタントは信頼することができます。

no.4

受付の対応が良い!

良いコンサルタント会社の特徴として、コンサルタント本人のことも見る必要もありますが、最初の受付の対応を見ることも必要です。受付方法にはメールや電話、直接会社に行く3つの方法があります。その方法3つが丁寧なら信頼できるポイントです。そのため、3つの方法がしっかりしているということは社員教育が徹底していることにもなります。

no.5

良い口コミが多い!

最初に探す場合、たくさんのコンサルタント会社がある中で参考にするのが口コミ情報です。その情報を元に最初は探しますが、そこで見て欲しいのが良い口コミ情報は多い会社です。中にはただの文句を書かれている場合もありますが、良い口コミが多いことは、それだけ利用者が多く、リピーターも多い証拠になります。